「レンタルセラピスト in cafe」やります!!

どうも、理学療法士2年目のけっちょです。

 

いきなりですが。。。。

「レンタルセラピスト in cafe」

を始動します!!!え?リハビリはしないですよ?

皆さん、是非僕をレンタルしてください。

 

 

「レンタルセラピスト」とは?

 

レンタルセラピストはなんぞや?と思った方、

今はやりの変なビジネスじゃないですし、壺とか売らないので安心してください笑

 

一行でまとめると、

カフェで理学療法士2年目の僕と40分間、熱く語る(無料)

これだけです。笑笑

 

なぜこんなことをやろうと思ったのか?書いていきます。

 

思えばいつも、僕を救ってくれたのは「語り」だった。

 

僕は北海道の田舎出身です。

高校3年生の夏。そろそろ進路を決めなければならないなという時期に「理学療法士」という職業を知り、コレだ!!と思い、理学療法士になろうと即決しました。

 

サークル活動ばかりやって成績の良くない学生でしたが、臨床実習で良いバイザー・患者さんと出会い、理学療法士という仕事の魅力に気づきました。

 

実習最終日には

「僕は東京に就職しますが、僕の名前が東京からココまで、轟くような理学療法士になりたいと思います。2ヶ月間あざっした!」

 

とかスベり倒した捨て台詞を残して、熱い気持ちを持って東京へ出てきました。

 

そんな熱い思いを胸に、臨床1年目は遊びもせず、ひたすら勉強だけをしていました。

目の前の患者さんを、誰よりも良くしてやる!!」

と意気込んでたんですね。

 

でも周りとのモチベーションの差や、仕事へのやりがい、将来の不安について悩み始めることになり、

1年目の冬に転職エージェントに申し込み、転職を考えることになります。笑

しょうもないですね。

 

そんな僕を救ってくれたのが、「語り」でした。

 

 

「今いる環境が嫌なら、お前がこの病院を変えろよ」

 

これは職場の先輩と、飲み会で語っていた時に言われた言葉です。

“2年目の若手理学療法士が、病院を変える”

こんな発想はなかったですし、ぐさっと胸に突き刺さりました。

 

環境のせいにして行動もせず、悩んでただ愚痴を吐いて。

こんな自分が本当に情けなくなり、考えていた転職をやめて、前向きに行動し始めるようになりました。

 

  • 先輩に単純な疑問をぶつけまくる
  • 病院内で勉強会を開催して先輩後輩関係なく、自分が学んだことを伝える
  • 間違っていても良いから自分の考えを発信する

 

「まずはやってみて、やりながら考える。」

先輩との語りによって、こんな考えが僕のモットーになりました。

 

「セラピスト語るナイト」への参加+オンラインサロン「TheArth」への加入

 

2つ目の転機は、

理学療法士の喜多一馬(twitter:@rehamame)さん主催の、「セラピスト語るナイト」というイベントへの参加と、

【キャンセル待ち】2018年2月10日:「セラピスト語るナイト」を開催します!

 

理学療法士ブロガーの西野英行(twitter:@PT50139040)さんが運営されている、オンラインコミュニティ「TheArth」への加入でした。

セラピストが支え合う場所,on-lineコミュニティ【The Arth】を作りました!

 

セラピスト語るナイトは、熱い思いを持ったセラピストが集まり、それぞれが思いをお酒を飲みながら(笑)プレゼンをして、ディスカッションする。そんなイベントでした。

そこで西野さんと出会い、オンラインコミュニティ「TheArth」へも加入させて頂きました。

 

僕は登壇せず聞いているだけでしたが、

「全国にはこんな熱い思いを持って行動しているセラピストがいるんだ!」とめちゃめちゃ刺激を受けた。

 

そして何より、みんなすごく楽しそうに、熱い思いを語るんですよね。これがすごく印象的でした。

こんなに生き生きとリハビリや夢を語るセラピストこそが、本当の意味で患者さんを勇気付けて、患者さんの幸せのために尽くすことができるのではないかと感じました。

 

 

イベントは21時半に終わったものの、そこからカラオケで朝まで語るオールナイトw

熱く語ってると睡眠も忘れてしまうもんですね。

 

 

ここでの語りと出会い、そしてオンラインサロンでの繋がりから、

「もしかしたら理学療法士2年目の僕でも、語ることで誰か勇気付けたり、悩んでいるセラピストや学生の手助けをすることができるんじゃないか?」

と思い、このブログを開設したり、twitterで自分の思いをつぶやいてます。

たくさん悩んできた若手理学療法士の僕だからこそできることがあるのではないか?と思っています。

 

「想い」のある若手セラピスト・学生と語りたい!!

 

僕のビジョンです。

 

①今は病院で働いているので、もっと患者さんに良いリハビリを提供できるようになりたい。(直接的に人を幸せに)

情報発信と語りを通して、自分のように悩んできた若手理学療法士や学生の手助けをしたい。
そして最終的には悩めるセラピストを減らすようなコンテンツを作り、多くの患者さんが幸せになってほしい。(間接的に人を幸せに)

 

 

ざっくりですが、こんなビジョンがあります。

まだ具体的にこうしたいというのは見えていない状態ではあります。ですが語ることで、何か新しい考えや自分のやりたいことが明確に見えてくるのではないかと考えています。

まずは何でもよいから「想い」を持ったセラピストや学生と語りたいと思っています。

 

  • 勉強の仕方がいまいちわからない学生
  • 地方から東京へ就職したいけど、東京のことが全くわからないような学生
  • 働き方に悩んでいる若手セラピスト
  • 僕に喝を入れたい先輩セラピスト
  • なんとなくコイツどんなやつかな?って興味がある人
  • 暇つぶし(笑)

 

 

こんな人は僕をレンタルしてください。

おしゃれなカフェであったかいココアやコーヒーでも飲みながら、ゆるーくそして熱く語ることで、

お互いにとって何かプラスになれるような時間を作り出せたら良いなと考えています。

 

オンラインコミュニティ「TheArth」にも所属しているので、悩んでいる人の悩みに対して僕が手助けできない場合、もしかしたら、その悩みを解決してくれそうな人やコミュニティを紹介できるかもしれません。

 

あと僕は若手の一理学療法士です。

知識も技術もコミュニケーション力もそこまで高くないと自負していますので(笑)、もちろん無料でやらせて頂きます。

 

無料ですが、僕と語ってくださった方に何かプラスになるものを与えられるよう、自分を磨いていって行動していくつもりです。皆さんの想いを否定することは絶対にしません。

 

 

目標はまず、10人と語ること。

いずれは100人と語ってみたい。100人斬り!

 

「レンタルセラピスト in cafe」詳細、申込み

 

  • 【内容】カフェであったかいコーヒーでも飲みながら理学療法士の僕と語る
  • 【対象】何か「想い」を持った若手セラピスト・学生or先輩セラピスト、他職種でもOK
  • 【目的】
    ①悩んでいたり熱い思いを持っている人の助けになりたい。
    ②僕自身のビジョンも、語る中で明確化したい。
    ③セラピストや学生がどんなを考えているのかを知りたい。
    ④色んな立場で働いているセラピストの意見を聞いてみたい。(患者さんが移っていく先を知ることで患者さんのリハビリに活かしたい。)
  • 【日程】何曜日でもOKです。時間帯はAM9:00〜PM9:00。相談して決めましょう!
  • 【時間】40分
    (「あっこいつつまらないな」って思ったら、コーヒー一気飲みして5分で帰っても大丈夫です笑)
  • 【場所】池袋駅周辺(スタバ・ドトール・ファミレスなどを考えています!)
  • 【費用】無料。かかる費用としてはコーヒー代と電車賃くらい?
  • 【申し込み】
    ①LINE@に登録して友達に追加
    友だち追加②名前、自己紹介、語りたい内容、希望日と希望時間帯を書いてメッセージ送信。質問があれば送って下さい。

    ③メッセージを返します。日程調節しましょう!

 

よろしくお願い致します!

 

 

 

 

 

 

 

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です